ごち荘オフィシャルサイト
三豊地方

エリアから探す
三豊地方

撮影場所:三豊地方

穏やかな気候が

海と山と島に恵みをもたらす

おいしい食材の宝庫

香川県西部の瀬戸内海に突き出た荘内半島がある三豊市。海岸沿いの道を車で走らせると穏やかな海がきらきらと光ってなんだか南の島にきたかのような気分になります。

 

最近では「日本のウユニ塩湖」と呼ばれる父母ヶ浜で水面に映る幻想的な写真を撮れることで知られている三豊ですが、景色だけではありません。

 

昔から漁業も盛んで地元民が愛するうどんのだしに使われるイリコをはじめ、他の地域では珍しい小魚も獲れます。また温暖な気候に恵まれ、シャインマスカットやみかん、桃、びわなど甘い果物が実るフルーツの産地でもあるのです。

 

このあたりのうどんの製麺所さんは卸すためのうどんを茹でるあいだだけうどんを提供しているところもあり、朝に製麺所でうどんを食べて出勤するのも地元の方のスタイル。まだまだ知らない魅力がある三豊、景色だけ見て帰るのはもったいですよ。

各取材先で出していただいた飲み物が美味しくて。しそジュースに、梅ジュースと手づくりされる方が多いのも三豊ならではなのかも。三豊の

素材を使った瀬戸内三豊コーラも注目です。

地元の方におすすめされた納豆と生卵のトッピング。もうこれが想像以上に美味しくて。お店によって麺やダシが異なるのではしごもおすすめ♪

三豊では昔から作られているお酢や海産物、塩、お茶など食材がたくさん。販売所を併設しているところもあるので、ぜひ生産者から直接お話を聞いてみてくださいね。

Search for a hotel from the map

Hotel List

ゲストハウス

地元の食材を味う 朝が待ち遠しくなる朝ごはん

瀬戸内ゲストハウス「タイヨウとうみ」

波の音を感じながら 暮らす喜びを味わうゲストハウス

古民家民宿

野菜収穫 和食を作る 朝が待ち遠しくなる朝ごはん

UDON HOUSE(ウドンハウス)

『讃岐うどん』の真髄に触れる ユニークな体験型ゲストハウス

古民家民宿

地元の食材を味う 朝が待ち遠しくなる朝ごはん

咄々々

手間暇かけたお料理が自慢の 地元で愛されるゲストハウス

Pick up

DSC_9463.JPG

cafe de flots

ゲストハウスku;bel(クーベル)さんのお隣にあるカフェ。目の前が海という最高のロケーションを見ながらお食事ができます。いただいたのは本日のランチの「鶏肉のトマトバジルソース」。オーナーの浪越さんが作った自家製塩をいいアクセントになっています。

【店舗詳細】
住所:三豊市仁尾町165−1 TEL: 0875-82-4525 定休日:木曜日

HP:https://nami53.wixsite.com/flots

DSC_9513.JPG

百歳書店

撮影スポットとして人気の父母ヶ浜の目の前にある2021年春にオープンしたばかりのセレクトショップ。店内には地元三豊の特産品や工芸品が並んでいます。商品の横にはその生産者さんの思いが記載された手作りの文庫本があって、使った人がメッセージを書けるようになっていて、思いを循環する仕組みづくりをされています。

【店舗詳細】
住所:三豊市仁尾町仁尾乙2686-3 TEL:0875-23-7177 定休日:月・火曜日

HP:https://nio-imagawa.jp/hyakusai-syoten/

DSC_9525.JPG

渡海屋(藤田水産)の「いりこ」

地元三豊近辺・瀬戸内海で捕れた魚介類にこだわった加工品を製造・販売するお店。

いりこやちりめんなどの定番商品の他に地元のレモンを使ったレモンちりめんや手づくりのオイルサーディン、そして魚介ハンバーグなど新しい商品の開発も積極的にされています。

【店舗詳細】
住所:三豊市仁尾町仁尾丁1446-3 TEL: 0875-82-3864 定休日:土日祝

HP:https://sanuki-toukaiya.com/

DSC_9530.JPG

仁尾酢(中橋造酢)「フルーツ酢」

仁尾地区にある創業なんと寛保元年(1741年)のお酢の醸造所さん。販売所もあり、こちらでお酢やフルーツ酢の試飲もできます。地元のフルーツを使ったフルーツ酢は種類がたくさんで、どれも果実の味がしっかりとしてどれにするかついつい悩んでしまうくらい。瓶に描かれている果物の絵は今は大学生の息子さんが小学の時に描いたイラストでとても温かみのある地元のお酢屋さんです。

【店舗情報】

住所: 三豊市仁尾町仁尾丁944番地 TEL: 0875-82-2802

HP:http://ww8.tiki.ne.jp/~k-naka/